結婚記念日の意味とレストランの選定について

我が家での結婚記念日の意味とは

私たち夫婦は、今年で9回目の結婚記念日を迎えます。夫婦にとって、結婚記念日は特別です。夫婦のこれまでの感謝を伝え、今後も仲良くやっていくよう、確認する日として大事にしています。我が家には、子どもが二人いますが、とても手がかかって苦労しています。私は毎日仕事で帰りが遅いので、妻に子育ての大半を依存しています。私からは、その感謝の意を伝えるとともに、その慰労をする目的で準備をしています。毎年、プレゼントを準備して、食事に行く予定を立てています。そのルーチンが、決まった思いを毎年確認し合うという、安心感を共有できるのだと考えています。

結婚記念日の過ごし方

先に挙げたように、毎年夫婦水入らずでレストランへ出かけています。両親に子どもを預けて、夫婦だけで過ごすのは、1年のうちにこの日だけです。そのレストランでは、お互いにプレゼントを渡し合い、美味しい食事に舌鼓を打っています。普段は子どもがいる分、とても騒がしく楽しいのですが、この日に限ってはとてもしっとりとのんびりした時間を感じることができます。その時間を設けるのも、結婚記念日の意味として重要だと感じています。

レストランの選定について

結婚記念日には、毎年違うレストランを予約しています。子どもがいると予約できないような、高級レストランに行っています。ステーキ、イタリアン、フレンチ、創作料理など、その年の気分によって、私が手配しています。先に挙げたように、妻の慰労を兼ねた食事ですので、妻のリクエストを優先して選んでいます。これまで良かったお店は、ほのかな明かりの中で、夜景がキレイなレストランです。夫婦になって、良い雰囲気のお店に行くこともなかったために、久しぶりに恋人気分に戻るような体験ができました。来年で結婚10周年、例年にないお店を予約したいと思っています。

結婚記念日をどこか美味しいお店で祝いたい方にお勧めです。結婚記念日のレストランでとてもいい場所を紹介します。