これを知ればあなたも和菓子の虜になること間違いなし!

和菓子はヘルシーなお菓子だった!

スイーツという言葉が一般的になり、どちらかというと洋菓子を思い浮かべる人が多いですよね。洋菓子の方が人気が高く、和菓子はちょっと陰に隠れた存在になっていますが和菓子は、洋菓子に比べてカロリーが低いものが多い食べ物なのです。洋菓子に比べて、バターや油などの脂肪分を使わないので、カロリーも低いのです。和菓子はあんこたっぷり入って砂糖もたくさん使っているから、太りやすいということはありませんよ。むしろ、どちらかを食べるなら和菓子の方がカロリーも低く、満足感もありますよ。

和菓子から四季を感じることが出来る!

春、夏、秋、冬。四季は私達日本人にとって大切な気候ですね。四季と和菓子には深い関係があるのです。春には、桜餅、草餅、子供の日には柏餅やちまき。夏には水まんじゅう。秋にはおはぎ、月見ダンゴ。年始には花びら餅など私たちの生活に深く関わってきました。上生菓子にも、季節に合った色や形などがあり、見て楽しみ、味わって楽しむことが出来ます。おはぎなど、各家庭でも作ることがありその家の味を伝える事も出来、食育にも繋がりますね。

和菓子は栄養満点のお菓子!

和菓子に使われている材料で1番多いのは、小豆ですね。大福やおまんじゅう、どらやきなど色んなお菓子に入っていますよね。小豆には特に女性には嬉しい栄養がたっぷり詰まっているんです。お通じをよくしてくれる食物繊維や、抗酸化作用のあるポリフェノールがたくさん含まれています。きな粉も、大豆から作られているので女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンやカルシウム、レシチンなどが含まれています。和菓子を食べて、お腹も心も満たされて健康になれるなんて嬉しいですよね。

ずんだ餅は東北地方で食べられる、枝豆をつぶして砂糖を混ぜた餡を餅にのせた食べ物です。枝豆のきれいな黄緑色の餡は、見た目も美しく、近年東北以外でも見かけることが多くなりました。