過信は禁物!防水性の高い機械式時計を手入れする際の注意点

ダイバーズウォッチでも浸水で壊れることがある

機械式時計は大変デリケートな機械です。故障する最大の原因は浸水によるものだと言われていますが、20気圧から30気圧の防水性能があるモデルやダイバーズウォッチであれば、そうした心配から解放してくれます。しかし、防水性能も劣化するため、しっかりとした手入れを怠ったり、リューズを起こしたまま水に潜ったりすると、そのような完全防水の機械式時計であろうと浸水によって故障する場合があります。事前に時計の状態をチェックしておくことが重要です。

水中での急激な動きは時計が故障する原因

ダイバーズウォッチならばある程度大丈夫ですが、それでもやはり長時間時計を水に浸けておくことは好ましくありません。また、水中で時計を急激に動かすと、それだけでかかる気圧が上昇してしまい、時計の耐圧性を越えてしまって浸水する可能性もあります。その後のケアにも大きく関わってくるため、まずは時計がどの程度までの気圧に耐えられるかを把握しておきましょう。また、防水性能を過信しすぎないように心がけておきましょう。

特殊な要因により壊れてしまう場合も…

一方で、水中で機械式時計を使った際、浸水とは別の要因で故障をきたしてしまう場合もあります。例えば海中で使用した場合、海水に含まれる塩分が凝固してしまって時計の精度を大きく落としてしまうこともあります。海中から上がったら、しっかりと海水を拭き取るようにしましょう。また、お風呂での使用もなるべく避けましょう。熱いお湯に時計を浸けると、内部の潤滑油が溶け出して部品がうまく駆動しなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

オーデマピゲの時計は、種類が豊富に取り揃えているので価格やデザインで比較をして一番効率のいい物を選んで購入できます。